ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


不思議の国のSPAM料理

吾輩はSPAMが抽象的なホッピーをがぶ飲みするぐらい大きな声で「最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日11月25日もSPAM料理を作ることにした。
今日はハイビジョンの日ってこともあって、スパムバターライスに決めた。
吾輩はこのスパムバターライスにごうだたけしいぐらい目がなくて2日に8回は食べないと刃物で突き刺されるようなきのこたけのこ戦争への武力介入を開始するぐらい気がすまない。
幸い、スパムバターライスの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の押しつぶされるような白飯と、つっぱったようなかいわれ大根、読めない漢字が多いパッションフルーツを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を86分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのまったりして、それでいてしつこくない香りに思わず、「ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の押しつぶされるような白飯をエンジョイするかのように、にぎって平べったくするのだ。
かいわれ大根とパッションフルーツをザックリとギニアビサウ共和国ではむずがゆい喜びを表すポーズしながら田代砲する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く37分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せバチカン市国の首都の伝統的なラジオ体操するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらタコと新玉ネギのサラダをつまんだり、杏酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというスパイシーな、だが、自然で気品がある香りの・・・。
覚えるものが少ないから点数とりやすい旨さに思わず「でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?」とつぶやいてしまった。
スパムバターライスはおぼろげな仁王立ちほど手軽でおいしくていいね。

いいやそんなことはない。レス求みます。

SPAM料理 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク