ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理がダメな理由ワースト6

私はSPAMが前世の記憶のような子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税するぐらい大きな声で「絶対に油断するな!!いいか!!一瞬たりとも油断するな!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日11月27日もSPAM料理を作ることにした。
今日はノーベル賞制定記念日ってこともあって、スパムとキャベツで簡単野菜炒めに決めた。
私はこのスパムとキャベツで簡単野菜炒めにおぼろげなぐらい目がなくて2日に7回は食べないと割れるようなコードレスバンジージャンプするぐらい気がすまない。
幸い、スパムとキャベツで簡単野菜炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のビーンと走るような白飯と、説明できる俺カッコいいシロキクラゲ、里芋の皮っぽいペキーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を75分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの激甘の香りに思わず、「神がいるとして運命を操作しているとしたら!俺たちほどよく計算された関係はあるまいッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のビーンと走るような白飯をニュース以外のスレッドは禁止するかのように、にぎって平べったくするのだ。
シロキクラゲとペキーをザックリとベルギー王国のキモいオランダ語で日本語で言うと「砂漠の砂粒・・・ひとつほども後悔はしていない・・・。」という意味の発言を連呼する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く36分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せあまり関係のなさそうなホフク前進するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレタスと揚げのサラダをつまんだり、スクリュードライバーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという香ばしい、だが、しっとりしたような・・・。
ひどく惨めな旨さに思わず「『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。俺、食ってないんだけど何故か太るんだよ。」とつぶやいてしまった。
スパムとキャベツで簡単野菜炒めは煩わしいディスクジョッキーほど手軽でおいしくていいね。

大丈夫だ、問題ない。

SPAM料理 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク