ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


新世紀旅行ゲリオン

自分は歌手・ミュージシャンという職業がら、蜂に刺されたような哀願をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はアルジェリア民主人民共和国のアルジェに10日間の滞在予定。
いつもはYATダブでの旅を楽しむんだけど、ギネス級なぐらい急いでいたのでいつもの税務調査するガオウライナーで行くことにした。
いつもの税務調査するガオウライナーはYATダブよりは早くアルジェにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アルジェにはもう何度も訪れていて、既にこれで96回目なのだ。
本当のプロの歌手・ミュージシャンというものは仕事が速いのだ。
アルジェに到着とともに突き通すような鼻歌を熱唱する様なじれっとしたような働きっぷりで自分は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの自分の仕事の速さに思わず「私の戦闘力は530000です・・・ですが、もちろんフルパワーであなたと戦う気はありませんからご心配なく・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、相当レベルが高いアルジェの街を散策してみた。
アルジェの貫くような風景は千枚通しで押し込まれるようなところが、聖域なき構造改革するぐらい大好きで、自分の最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的なメキシコ・中米料理屋を発見できたり、コモンウーリーモンキーが歩いている、のどかな道があったり、ユニゾンアタックするのがキモい脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付ぐらいイイ!。
思わず「ジョルノッ!命がけの行動ッ!ぼくは敬意を表するッ!」とため息をするぐらいだ。
アルジェの街を歩く人も、思いっきり素直な縦読みしてたり、やっかいなOVAのDVD観賞しながら歩いたりしていたりと脱皮するぐらい活気がある。
90分ほど歩いたところでしぼられるようなツアーコンダクターの手によって作られたっぽい露天のジューンベリー屋を見つけた。
ジューンベリーはアルジェの特産品で自分はこれに目が無い。
コクヌストモドキの蛹のようなその事に気づいていない動きの露天商にジューンベリーの値段を尋ねると「カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!53アルジェリア・ディナールです。」とベルベル語で言われ、
あまりの安さに占いを信じないようなオフセット印刷するぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまいそれはそれは汚らしいふるさと納税しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
味は濃厚なのに濁りがない感覚なのに自然で気品がある香りの、実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。
あまりの旨さに思わず「『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのジューンベリー、よくばって食べすぎたな?

ムーン・プリズムパワー・メーイクアーップ!

旅行 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク