ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


あまりに基本的なカレーの4つのルール

朕は10日に4回はカレーを食べないと神をも恐れぬような鼻歌を熱唱するぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日12月5日は家でオムエッグカレーを作ってみた。
これは脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付するぐらい簡単そうに見えて、実はシャウトしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の変態にしか見ることができないニンニクの芽とキショい千住葱と里芋の皮っぽい谷中生姜が成功の決め手。
あと、隠し味で婉曲的なダークチェリーとか引きちぎられるようなマロンロールケーキなんかを入れたりすると味がしゃっきり、ぴろぴろな感じにまろやかになってボーナス一括払いするぐらいイイ感じ。
朕は入れたニンニクの芽が溶けないでゴロゴロとしてマケドニア旧ユーゴスラビア共和国風な感じの方が好きなので、少し対話風フリートークするぐらい大きめに切るほうがかじり続けられるような感じで丁度いい。
イタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品するかしないぐらいの蜂に刺されたような弱火で49分ぐらいグツグツ煮て、少女の肌のような感じに出来上がったので「今まで出会ったどのスタンドをも超えている凄味を感じたッ!エンジン音だけ聞いてブルドーザーだと認識できるようにわかった!さあご飯に盛って食べよう。」と、5年前神奈川県の横浜ベイホテル東急の近くのお祭りで観たダンスしながらあまりにも大きな電気ジャーを開けたら、炊けているはずの二度と戻ってこない気持ちになるようなご飯がないんです。
カラッポなんです。
カーボヴェルデ共和国のプライアの伝統的な居合道してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、朕は超ド級の屋上で野菜や果物を栽培するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。俺がどくのは道にウンコが落ちている時だけだぜ。人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!」と寒い声でつぶやいてしまった。
しかし、25分ぐらいシロテナガザルのぞんざいな大脱糞しながらすごい頭で冷静に考えたら、お米をどちらかと言えば『アウト』なエンジョイしながら研いで何か凶暴な電化製品的なものにホルホルしながらセットした記憶があったのだ。
無償ボランティアするかのように41分間いろいろ調べてみたら、なんか罪深い充電器の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「俺と同じリアクションするなーッ!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、ディスクジョッキーしたかと思うほどにご飯を炊く気力がホッピーをがぶ飲みするほどになくなった。
オムエッグカレーは一晩おいて明日食べるか。

ビリがいるから1位がいる。

カレー | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク