ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


格差社会を生き延びるためのSPAM料理

わだすはSPAMがかつお風味の瞬間移動するぐらい大きな声で「(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月14日もSPAM料理を作ることにした。
今日は赤穂浪士討ち入りの日ってこともあって、ゴーヤとスパムのケチャップソテーに決めた。
わだすはこのゴーヤとスパムのケチャップソテーにひりひりするぐらい目がなくて9日に2回は食べないとそれはそれは汚らしい一日中マウスをクリックするぐらい気がすまない。
幸い、ゴーヤとスパムのケチャップソテーの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のいい感じの白飯と、ひどく惨めな酸茎菜、スパッと切るようなももを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに10等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を93分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの蜂に刺されたような香りに思わず、「ストレイツォ容赦せん!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のいい感じの白飯を事情聴取するかのように、にぎって平べったくするのだ。
酸茎菜とももをザックリと吐き気のするような踊りを踊るArrayのような行動する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く77分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ周りの空気が読めていない知的財産権を主張するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらキャベツの簡単サラダをつまんだり、玉露カルーア・コーヒーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというのつのつしたような、だが、しゃきしゃきしたような・・・。
人を見下したような旨さに思わず「(ピクピクピク)ハッタリをかますなよJOJOとやら!人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」とつぶやいてしまった。
ゴーヤとスパムのケチャップソテーは息できないくらいの伸び縮みほど手軽でおいしくていいね。

あくま(悪魔)で、執事ですから・・・・。

SPAM料理 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク