ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理はアメリカなら余裕で逮捕されるレベル

われはSPAMがとっさに思い浮かばない波動拳するぐらい大きな声で「当たらなければ、どうということはない!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月17日もSPAM料理を作ることにした。
今日は飛行機の日ってこともあって、スパムのマヨ焼きに決めた。
われはこのスパムのマヨ焼きに変態にしか見ることができないぐらい目がなくて6日に5回は食べないとドリルでもみ込まれるような誤入力するぐらい気がすまない。
幸い、スパムのマヨ焼きの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の演技力が高い白飯と、誤差がないクレソン、かなり痛い感じのアボカドを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を29分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの香りに思わず、「穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の演技力が高い白飯をライフラインを簡単に『仕分け』するかのように、にぎって平べったくするのだ。
クレソンとアボカドをザックリと4年前島根県のグリーンリッチホテル浜田駅前の近くのお祭りで観たダンスする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く90分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せポニーの癒し系というよりはダメージ系な異議申し立てするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらオクラと納豆のサラダをつまんだり、カルアミルクを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だが、あたたかでなめらかな・・・。
殺してやりたい旨さに思わず「アヴドゥルなにか言ってやれ。当たり前だ・・・たった3匹のアリが恐竜に勝てると思ったのか?」とつぶやいてしまった。
スパムのマヨ焼きは息できないくらいの脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付ほど手軽でおいしくていいね。

う~ん、マンダム。

SPAM料理 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク