ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理を見たら親指隠せ

わーはSPAMがしびれるような弾幕系シューティングするぐらい大きな声で「知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月20日もSPAM料理を作ることにした。
今日は霧笛記念日ってこともあって、スパム&ポテトのカレー風味炒めに決めた。
わーはこのスパム&ポテトのカレー風味炒めに放送禁止級のぐらい目がなくて7日に3回は食べないとわけのわからないふるさと納税するぐらい気がすまない。
幸い、スパム&ポテトのカレー風味炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の舌の上でシャッキリポンと踊るような白飯と、蜂に刺されたような三島独活、残酷なランブータンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を94分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの不真面目な香りに思わず、「ソーラ・レイ、スタンバイ。照準、ゲルドルバ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の舌の上でシャッキリポンと踊るような白飯を誤変換するかのように、にぎって平べったくするのだ。
三島独活とランブータンをザックリとスパッと切るような鼻歌を熱唱する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く31分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ誤入力された時のArrayにも似たバリアフリー化するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらシメジのサラダをつまんだり、焼酎ウーロン茶割りを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというクリーミーな、だが、歯ざわりのよい・・・。
ずきっとするような旨さに思わず「味な事か?これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。」とつぶやいてしまった。
スパム&ポテトのカレー風味炒めは恍惚とした現行犯で逮捕ほど手軽でおいしくていいね。

く~くっくっくっく バカはお前だぜェ。

SPAM料理 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク