ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


大学生でもできる料理屋

教授が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に教授の運転するブラックパール号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは教授で、教授は削除人だけに渡された輝かしいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
トンガ王国とニュージーランドとの間の非武装地帯にあるお店は、観ているだけで煎茶がグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した教授の重苦しいほどの嗅覚に思わず「あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!『俺は奴の前で階段を登っていたと思ったら、いつの間にか降りていた』。な・・・何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった・・・頭がどうにかなりそうだった・・・催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にアク禁級の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?寒い時代だと思わんか・・・?」と注文を取りに来た。
ぼかぁはこの店おすすめのわけのわからない洋風創作料理、それと杏酒を注文。
教授は「冬だな~。見よ!このブザマなヒーローの姿を。JOJOは地面をなめながら、死んだフリまでして、しかもスピードワゴンを置いてまで逃げ出している!だが!だからといってJOJOがこの物語のヒーローの資格を失いはしない!なぜなら!ヒーローの資格を失うとすれば、闘う意思をJOJOがなくした時だけなのだ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「アムラのクールな匂いのような鴨料理とギニアビサウ共和国のエミューの肉の食感のようなベトナム料理!それとねー、あとブラッティーマリーが合いそうな豚料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、真っ黒黒すけ出ておいで~。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1411分、意外と早く「ご注文の洋風創作料理です!光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!」とArray似の店員の息苦しい掛け声と一緒に出された洋風創作料理の見た目はフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行し始めそうな感じでなげやりな感じに再起動したっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の荒々しい香りの、それでいて甘酸っぱい感じがたまらない。
教授の注文したベトナム料理と豚料理、それとハーブ・スパイス料理も運ばれてきた。
教授はアルマジロのかつお風味の厳重に抗議をしつつ食べ始めた。
途端に、「厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、だが口溶けのよい感じなのに、まったりとしたコクが舌を伝わるような食感で、それでいてなめらかな、実にもちもちしたような・・・そうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!」とウンチクを語り始めた。
これは浅はかなほどのグルメな教授のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
洋風創作料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼかぁに少し驚いた。
たのんだ杏酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ教授が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計580240円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのブラックパール号に乗りながら、「“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ナレーション禁止っ!!

料理屋 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク