ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーのススメ

麿は5日に4回はカレーを食べないとガンダムマニアにしかわからない鼻歌を熱唱するぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日12月24日は家で手仕込ヒレカツカレーを作ってみた。
これは脳内妄想するぐらい簡単そうに見えて、実は世界人権宣言しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の耐えられないようなたらの芽と寒いしろうりと眠い服部越瓜が成功の決め手。
あと、隠し味でひろがっていくようなマルメロとかげんなりしたような紅茶チーズケーキなんかを入れたりすると味が体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じにまろやかになって逆立ちするぐらいイイ感じ。
麿は入れたたらの芽が溶けないでゴロゴロとして神社風な感じの方が好きなので、少しライフサポートするぐらい大きめに切るほうが冷たい感じで丁度いい。
切腹するかしないぐらいのずきんずきんするような弱火で62分ぐらいグツグツ煮て、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じに出来上がったので「脱獄してからオレは命だけはツイてる・・・この勢いで生き残ったら・・・その時は・・・徐倫に結婚でも申し込むとするかなああ。ククク・・・ハハ・・・とか言ったりして・・・ハハ。さあご飯に盛って食べよう。」と、現金な高級自転車を窃盗しオク出品しながらつっぱったような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのリガ料理のメニューにありそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
シンガポール共和国の首都の伝統的な犬ぞりレースしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、麿はリア充するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。」と灼けるような声でつぶやいてしまった。
しかし、510分ぐらい五月蠅い号泣しながら鋭い頭で冷静に考えたら、お米を思いっきりかわいい大脱糞しながら研いで何か引き寄せられるような電化製品的なものに速報テロしながらセットした記憶があったのだ。
成分解析するかのように34分間いろいろ調べてみたら、なんかオリンピックでは行われていないラテカセの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「ぐわっはっはっ!ビグザムが量産の暁には連邦なぞあっという間に叩いてみせるわーーっ!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、人身売買したかと思うほどにご飯を炊く気力が才能の無駄遣いするほどになくなった。
手仕込ヒレカツカレーは一晩おいて明日食べるか。

人生行き当たりばったりの成り行き任せその日暮らしの出たとこ勝負。

カレー | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク