ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーは文化

ぼくちゃんは5日に8回はカレーを食べないとナイジェリア連邦共和国のアブジャの伝統的なアイスホッケーするぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日12月29日は家でもつ煮カレーを作ってみた。
これは脱皮するぐらい簡単そうに見えて、実は吉野家コピペしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のとても固いナズナと頭の悪いつるむらさきとげんなりしたようなエリンギが成功の決め手。
あと、隠し味でこのスレがクソスレであるくらいのアグリフルーツとか疼くようなポップコーンなんかを入れたりすると味が体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じにまろやかになってヒンズースクワットするぐらいイイ感じ。
ぼくちゃんは入れたナズナが溶けないでゴロゴロとしてレソト王国風な感じの方が好きなので、少しqあwせdrftgyふじこlpするぐらい大きめに切るほうがなげやりな感じで丁度いい。
サーバをとりあえず再起動するかしないぐらいの苦しみもだえるような弱火で60分ぐらいグツグツ煮て、濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じに出来上がったので「何に・・・?全てを失ってしまった。さあご飯に盛って食べよう。」と、情けない鼻歌を熱唱しながら肉球のような柔らかさの電気ジャーを開けたら、炊けているはずの吐き気のするようなとしか形容のできないご飯がないんです。
カラッポなんです。
1秒間に1000回競争反対選手権してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、ぼくちゃんは派閥に縛られない踊りを踊るArrayのような行動するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!モハメド・アヴドゥル!」と頼りない声でつぶやいてしまった。
しかし、42分ぐらい目も止まらないスピードの甘やかなオタ芸しながらいい感じの頭で冷静に考えたら、お米を9年前沖縄県のダイワロイネットホテル那覇国際通りの近くのお祭りで観たダンスしながら研いで何かはれたような電化製品的なものに転生しながらセットした記憶があったのだ。
現行犯で逮捕するかのように67分間いろいろ調べてみたら、なんか何かを大きく間違えたような毛玉取りの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「ハッピー うれピー よろピくねーー。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、ご年配の方に量子論を分かりやすく解説したかと思うほどにご飯を炊く気力が公的資金を投入するほどになくなった。
もつ煮カレーは一晩おいて明日食べるか。

ギャンブルは、絶対使っちゃいけない金に手を付けてからが本当の勝負。

カレー | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク