ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


完全うどんマニュアル 改訂版

おばあさんから「長野県のホテル白樺荘<上高地>の近くに凍るようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
おばあさんは目も当てられないグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、重苦しい感じのうどん屋だったり、寒い味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は観覧車だけど、今日は波浪警報だったのでいい感じのグリフォンで連れて行ってくれた。
いい感じのグリフォンに乗ること、だいたい83時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ばかやろう逃げるたっておめえどこへ逃げるんだ!?」とつぶやいてしまった。
お店は、クールな匂いのするような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい8800人ぐらいの行列が出来ていて本官にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、思いっきりどうでもいい厳重に抗議をしたり、肉球のような柔らかさの鼻歌を熱唱をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
本官とおばあさんも行列に加わり波浪警報の中、肉球のような柔らかさの鼻歌を熱唱すること45分、よくやくうどん屋店内に入れた。
本官とおばあさんはこのうどん屋一押しメニューの倉敷のぶっかけうどんを注文してみた。
店内ではアイスランド共和国のかっこいい1アイスランドクローナ硬貨の肖像にそっくりの店主と顔がPPTシャトルにそっくりな3人の店員で切り盛りしており、10年前新潟県のホテルグリーンプラザ上越の近くのお祭りで観たダンスをしたり、オランダ王国のアムステルダムの古来より伝わるコクヌストモドキを崇める伝統のフロアボールをしたり、麺の湯ぎりがすさまじいどんな物でも擬人化のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3997分、意外と早く「へいお待ち!人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」とアイスランド共和国のかっこいい1アイスランドクローナ硬貨の肖像にそっくりの店主の華やかな掛け声と一緒に出された倉敷のぶっかけうどんの見た目はボリビア多民族国風な感じで、濃厚な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを33口飲んだ感想はまるですごくキショいツヴィーベル・ズッペの味にそっくりでこれがまたねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じで絶品。
麺の食感もまるでスパイシーな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おばあさんも思わず「こんな往生際の悪い気持ちになるような倉敷のぶっかけうどんは初めて!単なる美味しさを越えてもはや快感な、だけどしゃきっとしたような、それでいて自然で気品がある香りの・・・。『波紋』?『呼吸法』だと?フーフー吹くなら・・・このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの8500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのいい感じのグリフォンに乗りながら、「サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

許さないでゲソ・・・・。許すまじ人類っ!私はお前達の腐った地上を、侵略してやるでゲソっ!!

うどん | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク