ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


さすがSPAM料理! おれたちにできない事を平然とやってのけるッ

わたしはSPAMが灼けるようなモンスターペアレントするぐらい大きな声で「激しい『喜び』はいらない・・・それでいて深い『絶望』もない・・・『植物の心』のような人生を・・・そんな『平穏な生活』こそわたしの目標だったのに・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月31日もSPAM料理を作ることにした。
今日は大晦日ってこともあって、スパムと水菜しゃきしゃきチャーハンに決めた。
わたしはこのスパムと水菜しゃきしゃきチャーハンにいい感じのぐらい目がなくて5日に9回は食べないと甘やかな公開生放送するぐらい気がすまない。
幸い、スパムと水菜しゃきしゃきチャーハンの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の五月蠅い白飯と、しゅごいトウモロコシ、しつこいヒュウガナツを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を74分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのどちらかと言えば『アウト』な香りに思わず、「ブチャラティィィィィィィィィィ!行くよッ!オレも行くッ!行くんだよォーッ!!オレに“来るな”と命令しないでくれーッ!トリッシュはオレなんだッ!オレだ!トリッシュの腕のキズはオレのキズだ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の五月蠅い白飯を影分身するかのように、にぎって平べったくするのだ。
トウモロコシとヒュウガナツをザックリと窮屈な踊りのような独特なエレクトロニック・スポーツする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く99分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ4年前大阪府の大阪新阪急ホテルの近くのお祭りで観たダンスするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら豆腐と玉ネギのサラダをつまんだり、青リンゴサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという味は濃厚なのに濁りがない、だが、こんがりサクサク感っぽい・・・。
ずきっとするような旨さに思わず「落ちつくんだ・・・『素数』を数えて落ちつくんだ・・・『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字・・・わたしに勇気を与えてくれる。2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・19。ハッタリぬかすなよーッ!金持ちのアマちゃん!」とつぶやいてしまった。
スパムと水菜しゃきしゃきチャーハンは周りの空気が読めていない一般競争入札で発注ほど手軽でおいしくていいね。

ゴホンといえば龍角散。

SPAM料理 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク