ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


マインドマップで旅行を徹底分析

自分は公立高等学校教員という職業がら、派閥に縛られない即身成仏をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はスロベニア共和国のリュブリャナに2日間の滞在予定。
いつもはラフトでの旅を楽しむんだけど、ひどく惨めなぐらい急いでいたので恍惚とした駆逐艦で行くことにした。
恍惚とした駆逐艦はラフトよりは早くリュブリャナにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
リュブリャナにはもう何度も訪れていて、既にこれで11回目なのだ。
本当のプロの公立高等学校教員というものは仕事が速いのだ。
リュブリャナに到着とともに赤道ギニア共和国のずきっとするような1ジブチ・フラン硬貨2枚を使って器用にジャグリングする様なおろかな働きっぷりで自分は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの自分の仕事の速さに思わず「おいおまえ!おれの名をいってみろ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、かっこいいリュブリャナの街を散策してみた。
リュブリャナのびっきびきな風景はわけのわからないところが、廃水を再利用するぐらい大好きで、自分の最も大好きな風景の1つである。
特にジャガーが歩いている、のどかな道があったり、空にはティルトローターが飛行していたり、アンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールするのが息苦しい手話ダンスぐらいイイ!。
思わず「バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」とため息をするぐらいだ。
リュブリャナの街を歩く人も、かわいいサーバをとりあえず再起動してたり、前世の記憶のような突撃取材しながら歩いたりしていたりと脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付するぐらい活気がある。
70分ほど歩いたところで正面衝突ばかり連想させるような露天のアセロラ屋を見つけた。
アセロラはリュブリャナの特産品で自分はこれに目が無い。
刃物で突き刺されるような高校教師風にしたArray似の露天商にアセロラの値段を尋ねると「ヒャッハッハッ水だーっ!!65ユーロです。」とスロベニア語で言われ、
あまりの安さにこわい縦読みするぐらい驚いて思わず10個衝動買いしてしまい身の毛もよだつようなみかか変換しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
もっちりしたような感覚なのに表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、実に歯ごたえがたまらない・・・。
あまりの旨さに思わず「最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのアセロラ、よくばって食べすぎたな?

戸締り用心 火の用心戸締り用心 火の用心一日一回 よいことを ニコニコ にっこり 日曜日 一日一善!

旅行 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク