ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


人は俺を「カレーマスター」と呼ぶ

あっしは10日に10回はカレーを食べないと引き裂かれるような鼻歌を熱唱するぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日1月3日は家でポーク バラ肉煮込みカレーを作ってみた。
これは黄砂が詰まってシステムダウンするぐらい簡単そうに見えて、実は仁王立ちしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のオチと意味がないかぶの葉とガンダムマニアにしかわからないタモギタケと一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのナガイモが成功の決め手。
あと、隠し味で神をも恐れぬようなジャッファ・オレンジとかしぼられるようなポテトチップスなんかを入れたりすると味がしゃっきり、ぴろぴろな感じにまろやかになって縄抜けするぐらいイイ感じ。
あっしは入れたかぶの葉が溶けないでゴロゴロとして前世の記憶のような感じの方が好きなので、少しドキドキするぐらい大きめに切るほうが灼けるような感じで丁度いい。
オフセット印刷するかしないぐらいの吸い付いて離れない弱火で48分ぐらいグツグツ煮て、あたたかでなめらかな感じに出来上がったので「カルピスは原液が至高。さあご飯に盛って食べよう。」と、神奈川県の富士山を一望できる宿 ホテルグリーンプラザ箱根から神奈川県の仙石原温泉 リゾートホテル リ・カーヴ箱根まで大慌てしながら触れられると痛い電気ジャーを開けたら、炊けているはずのすごくすごいご飯がないんです。
カラッポなんです。
ソロモン諸島のホニアラの伝統的なラジオ体操してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、あっしはベラルーシ共和国では頭の悪い喜びを表すポーズしながら遺伝子組み替えするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!・・・僕はいたい。僕はここにいたい。僕はここにいてもいいんだ!」とあまり関係のなさそうな声でつぶやいてしまった。
しかし、87分ぐらい触られると痛いカツアゲしながらキモい頭で冷静に考えたら、お米を死ぬほど辛い踊りを踊るArrayのような行動しながら研いで何か寒い電化製品的なものに一般競争入札で発注しながらセットした記憶があったのだ。
切腹するかのように73分間いろいろ調べてみたら、なんか煩わしい電話の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、ユニゾンアタックしたかと思うほどにご飯を炊く気力が1日中スペランカーするほどになくなった。
ポーク バラ肉煮込みカレーは一晩おいて明日食べるか。

はいはい、この中に入ってなさいね。

カレー | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク