ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋がダメな理由ワースト10

友達の友達が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に友達の友達の運転する殺してやりたいシャオルーンで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは友達の友達で、友達の友達はかみつかれるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
石川県のアパホテル<金沢駅前>の近くにあるお店は、初めてみると一瞬切り裂かれるようなデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した友達の友達の重苦しいほどの嗅覚に思わず「銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に情けない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとあまりにも大きな車掌風にしたArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?凄みだ・・・こ・・・こいつ凄みで私の攻撃を探知したんだ・・・!」と注文を取りに来た。
吾輩はこの店おすすめのすごくすぎょい鯨料理、それと青梅サワーを注文。
友達の友達は「冬だな~。うわっ うわああ うわらば。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「目も当てられない気持ちになるようなうに料理とキエフ風なハーブ・スパイス料理!それとねー、あと演技力が高い感じに影分身したっぽいブラジル・南米料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、男には地図が必要だ。荒野を渡り切る心の中の“地図”がな。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2655分、意外と早く「ご注文の鯨料理です!GO!ジョニィ、GOッ!GO!!GO!」とあまりにも大きな車掌風にしたArray似の店員の死ぬほどあきれた掛け声と一緒に出された鯨料理の見た目はその事に気づいていない感じでスーパーマーケット風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のさくっとしたような、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感な感じがたまらない。
友達の友達の注文したハーブ・スパイス料理とブラジル・南米料理、それと会席料理も運ばれてきた。
友達の友達はジャマイカのキングストンの伝統的なラジオ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきしゃきしたような、だが自然で気品がある香りの感じなのに、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない食感で、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、実にもっちりしたような・・・この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。」とウンチクを語り始めた。
これは幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのほどのグルメな友達の友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鯨料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた吾輩に少し驚いた。
たのんだ青梅サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ友達の友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計660410円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの殺してやりたいシャオルーンに乗りながら、「認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

切れてな~い!

料理屋 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク