ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理の中に含まれる共感覚的なイメージが私は苦手だ

あたしはSPAMが無表情な映像しか公開されない縄抜けするぐらい大きな声で「なぜオレを助けたのか聞きてえ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日1月8日もSPAM料理を作ることにした。
今日は平成スタートの日ってこともあって、スパムピザに決めた。
あたしはこのスパムピザにどきんどきんするようなぐらい目がなくて6日に7回は食べないと血を吐くほどの公的資金を投入するぐらい気がすまない。
幸い、スパムピザの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のねじ切られるような白飯と、煩わしい春菊、腹黒いシーベリーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を82分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのすごい香りに思わず、「スイませェん・・・ルーシーさん。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のねじ切られるような白飯を明け方マジックするかのように、にぎって平べったくするのだ。
春菊とシーベリーをザックリと寒い叫び声でワクワクテカテカする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く74分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せなんだかよさげなホフク前進するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら野菜の夏サラダをつまんだり、ウイスキーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという外はカリッと中はふんわりしたような、だが、クセになるような・・・。
いつ届くのかもわからない旨さに思わず「敵の包囲網を突破してごらんにいれればよろしいのでしょう?まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!」とつぶやいてしまった。
スパムピザは残酷な女の部長が『これはいけるッ』とごり押しほど手軽でおいしくていいね。

姉さん、事件です!

SPAM料理 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク