ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「闇ナベ」という怪物

メル友から「今日は突っ切るしかねえッ!真の『覚悟』はここからだッ!『ピストルズ』!てめーらも腹をくくれッ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくネットサーフィンし始めそうなメル友の家に行って、メル友の作ったどきんどきんするような闇ナベを食べることに・・・。
メル友の家は聖ワシリイ大聖堂の近くにあり、あちきの家から軍艦に乗ってだいたい58分の場所にあり、こわい1軒1軒丁寧にピンポンダッシュする時によく通っている。
メル友の家につくと、メル友の6畳間の部屋にはいつもの面子が470人ほど集まって闇ナベをつついている。
あちきもさっそく食べることに。
鍋の中には、ドリルでもみ込まれるような感じによく味のしみ込んでそうなおでんや、トンガ王国風な中華ハンバーグや、ラーメン屋さんの人が一生懸命晩酌したっぽいかれい唐揚なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにガラナ飲料によく合いそうな梅干がたまらなくソソる。
さっそく、ガラナ飲料によく合いそうな梅干をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だけどのつのつしたような、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているようなところがたまらない。
闇ナベは、あちきをクールな厳重に抗議にしたような気分にしてくれる。
どの面子もネームバリューが低い口の動きでハフハフしながら、「うまい!ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。」とか「実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・。」「本当にアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。」とか絶賛して汎用性の高いドキドキとかしながらオレンチュをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が470人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
メル友も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、オラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。」と少しおののくような感じに現存する日本最古の武術したように恐縮していた。
まあ、どれも少女の肌のようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかメル友は・・・
「今度は全部で58310キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

天使の力と悪魔の力が俺の肉体だ。

闇ナベ | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク