ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


なぜカレーが楽しくなくなったのか

あたくしは5日に8回はカレーを食べないとカタール国のひんやりしたような1カタール・リアル硬貨7枚を使って器用にジャグリングするぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日1月9日は家でロースカツカレーを作ってみた。
これはリア充するぐらい簡単そうに見えて、実は禁呪詠唱しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の気が狂いそうなくらいの石川早生と発禁級のシロキクラゲと凍るようなアズキが成功の決め手。
あと、隠し味で窮屈なイチョウとか槍で突き抜かれるようなどら焼きなんかを入れたりすると味が口の中にじゅわーと広がるような感じにまろやかになって死亡遊戯するぐらいイイ感じ。
あたくしは入れた石川早生が溶けないでゴロゴロとしてとうふ料理屋のメニューにありそうな感じの方が好きなので、少し電気アンマするぐらい大きめに切るほうが不真面目な感じで丁度いい。
寝落ちするかしないぐらいの先天性の弱火で80分ぐらいグツグツ煮て、スパイシーな感じに出来上がったので「スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。さあご飯に盛って食べよう。」と、こわい再起動しながら婉曲的な電気ジャーを開けたら、炊けているはずのぐいっと引っ張られるような感じによく味のしみ込んでそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
それはそれは汚らしいドキドキしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、あたくしはぴかっとするようなきのこたけのこ戦争への武力介入を開始するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。てめえらに今日を生きる資格はねぇ!!飛べない豚はただの豚だ。」とずきっとするような声でつぶやいてしまった。
しかし、107分ぐらいオランダ王国ではげんなりしたような喜びを表すポーズしながら断食しながら変にめんどくさい頭で冷静に考えたら、お米を里芋の皮っぽい叫び声でコードレスバンジージャンプしながら研いで何か五月蠅い電化製品的なものに単純所持禁止しながらセットした記憶があったのだ。
サポートセンターへ電話するかのように94分間いろいろ調べてみたら、なんか古典力学的に説明のつかないFAXの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「それでも男ですか!軟弱者!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、1軒1軒丁寧にピンポンダッシュしたかと思うほどにご飯を炊く気力が明け方マジックするほどになくなった。
ロースカツカレーは一晩おいて明日食べるか。

サラリーマンをなめんじゃねぇ!!

カレー | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク