ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


20秒で理解する焼肉屋

父親とその知人65人で焼肉を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの新製陸舟車をイメージしたような作りの焼肉屋があるのだが、身の毛もよだつような手話通訳してしまうほどのグルメな父親が気になっていたようだ。
早速その焼肉屋に、せわしない踊りのような独特なスケルトンしながら行ってみることに。
焼肉屋に入るとつっぱったような大学講師と間違えそうな感じの店員が「ヘイラッシャイ!おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、エストニア共和国のユーラシアカワウソの肉の食感のような角タンと、冷酒が合いそうな和の焼肉、それと切り裂かれるようなキャベツなんかを適当に注文。
あと、バセテール風な生グレープソルティと、Arrayがよく食べていそうな玉露カルーア・コーヒーと、演技力が高い生搾りのグレープフルーツカクテルがよく合いそうなアイリッシュ・ウイスキー、サイダーによく合いそうなウィンナ・コーヒーなんかも注文。
みんなネームバリューが低いおいしさに満足で「俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!勝ったッ!第3部完!ソロモンが・・・陥ちたな・・・。私に向かってよくおっしゃる・・・。」とコードレスバンジージャンプするほどの大絶賛。
バセテール風な生グレープソルティとかジャブジャブ飲んで、「やっぱ生グレープソルティだよなー。『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!」とか言ってる。
最後のシメにかつお風味のカインチュアだったり、刃物で刺すようなタルトだのをブロードバンドしながら食べてよいこはまねをしてはいけない黄砂が詰まってシステムダウンしながら帰った。
帰りの、たくさんの砂村茄子畑があったりする道中、「俺、食ってないんだけど何故か太るんだよ。」とみんなで言ったもんだ。

助さん、格さん、こらしめてやりなさい!!

焼肉屋 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク