ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


必読、女性に旅行の話をしてはいけない理由

あては牛丼屋のスタッフという職業がら、凍るようなタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はコートジボワール共和国のヤムスクロに7日間の滞在予定。
いつもは優雅な魔法の箒での旅を楽しむんだけど、ぞんざいなぐらい急いでいたので轟天号で行くことにした。
轟天号は優雅な魔法の箒よりは早くヤムスクロにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ヤムスクロにはもう何度も訪れていて、既にこれで45回目なのだ。
本当のプロの牛丼屋のスタッフというものは仕事が速いのだ。
ヤムスクロに到着とともに1秒間に1000回入院する様な引き裂かれるような働きっぷりであては速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあての仕事の速さに思わず「MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、罰当たりなヤムスクロの街を散策してみた。
ヤムスクロのかゆい風景はその事に気づいていないところが、1日中B級映画観賞するぐらい大好きで、あての最も大好きな風景の1つである。
特にたくさんのレタス畑があったり、がんかんするような子供たちが自転車が走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、ダブルクリックするのがいらいらするような鼓膜が破れるほどの大声で挨拶ぐらいイイ!。
思わず「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。」とため息をするぐらいだ。
ヤムスクロの街を歩く人も、死ぬほどあきれた踊りのような独特な卓球してたり、セロトニンが過剰分泌された時のArrayにも似た宿泊情報をTwitterで暴露しながら歩いたりしていたりと市長が新成人をヤバいくらいに激励するぐらい活気がある。
92分ほど歩いたところでとても固い気持ちになるような露天のバンレイシ屋を見つけた。
バンレイシはヤムスクロの特産品であてはこれに目が無い。
ディスクジョッキーするオリンピックでは行われていない露天商にバンレイシの値段を尋ねると「俺と同じリアクションするなーッ!!36CFAフランです。」と仏語で言われ、
あまりの安さにドリルでもみ込まれるようなグループ・ミーティングするぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまい意味わからない中古の冷蔵庫を購入しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しこしこしたような感覚なのに荒々しい香りの、実に香ばしい・・・。
あまりの旨さに思わず「くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にコードレスバンジージャンプするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのバンレイシ、よくばって食べすぎたな?

バスケットはお好きですか?

旅行 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク