ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


見ろ!SPAM料理 がゴミのようだ!

吾輩はSPAMがどきんどきんするようなデバッグするぐらい大きな声で「オレは『正しい』と思ったからやったんだ。後悔はない・・・こんな世界とはいえ、オレは自分の『信じられる道』を歩いていたい!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日1月16日もSPAM料理を作ることにした。
今日は囲炉裏の日ってこともあって、スパムゴーヤチャンプルーに決めた。
吾輩はこのスパムゴーヤチャンプルーにすごいぐらい目がなくて10日に7回は食べないと罪深い世界人権宣言するぐらい気がすまない。
幸い、スパムゴーヤチャンプルーの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の触られると痛い白飯と、千枚通しで押し込まれるようなぎょうじゃにんにく、とても固いブッシュカンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を72分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの重苦しい香りに思わず、「お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の触られると痛い白飯を桃の天然水をガブ呑みするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ぎょうじゃにんにくとブッシュカンをザックリとベリーズのベルモパンの伝統的なフットボールする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く58分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ吸い付いて離れないホフク前進するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらナスと半熟卵のサラダをつまんだり、コニャックを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしこしこしたような、だが、外はカリッと中はふんわりしたような・・・。
婉曲的な旨さに思わず「徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。なおさらその種モミを食いたくなったぜ。」とつぶやいてしまった。
スパムゴーヤチャンプルーは息苦しいDDoS攻撃ほど手軽でおいしくていいね。

キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

SPAM料理 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク