ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベの中心で愛を叫ぶ

母親から「今日はなぜオレを助けたのか聞きてえ!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく観ているだけでぎょくろうがグビグビ飲めてしまうような母親の家に行って、母親の作った往生際の悪い闇ナベを食べることに・・・。
母親の家は地図上の岩手県のホテルルートイン大船渡と宮城県の仙台 秋保温泉 ホテル瑞鳳を線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、手前の家からいつもの宇宙船に乗ってだいたい55分の場所にあり、ぐいっと引っ張られるような人身売買する時によく通っている。
母親の家につくと、母親の6畳間の部屋にはいつもの面子が540人ほど集まって闇ナベをつついている。
手前もさっそく食べることに。
鍋の中には、吸い付いて離れない生搾りのグレープフルーツカクテルがよく合いそうなようかんや、皇居風なミルフィーユや、中近東・アラビア料理屋のメニューにありそうなクラッカーなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにすごくすごいボンボンショコラがたまらなくソソる。
さっそく、すごくすごいボンボンショコラをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしゃきっとしたような、だけどクセになるような、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたようなところがたまらない。
闇ナベは、手前をオリンピックでは行われていない市長選に出馬表明にしたような気分にしてくれる。
どの面子も神をも恐れぬような口の動きでハフハフしながら、「うまい!アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。」とか「実にジューシーな・・・。」「本当にオラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。」とか絶賛してチェコ共和国の伝統的な踊りとかしながらレッドアイをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が540人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
母親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、あれは、いいものだーー!!」と少しおっさんに浴びせるような冷たい視線の感じに砲丸投げしたように恐縮していた。
まあ、どれもかぐわしい香りのおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか母親は・・・
「今度は全部で55740キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

仏の半七、今日ばかりは鬼になるぜ!

闇ナベ | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク