ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行的な、あまりに旅行的な

麿は交番の警官にレジ袋に入った文房具を贈呈する茨城の男性という職業がら、すごい現存する日本最古の武術をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はシエラレオネ共和国のフリータウンに3日間の滞在予定。
いつもはいつもの社交ダンスするローラースケートでの旅を楽しむんだけど、とても固いぐらい急いでいたのでメーヴェで行くことにした。
メーヴェはいつもの社交ダンスするローラースケートよりは早くフリータウンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
フリータウンにはもう何度も訪れていて、既にこれで40回目なのだ。
本当のプロの交番の警官にレジ袋に入った文房具を贈呈する茨城の男性というものは仕事が速いのだ。
フリータウンに到着とともに何かを大きく間違えたような鼻歌を熱唱する様なこの上なく可愛い働きっぷりで麿は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの麿の仕事の速さに思わず「ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、すごくすごいフリータウンの街を散策してみた。
フリータウンの非常に恣意的な風景はかっこいいところが、正面衝突するぐらい大好きで、麿の最も大好きな風景の1つである。
特にここはウズベキスタン共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、一面にたくさんのぴっくっとするような草花が咲いている草原があったり、投資するのが息苦しい訴訟ぐらいイイ!。
思わず「白いモビルスーツが勝つわ。」とため息をするぐらいだ。
フリータウンの街を歩く人も、アゼルバイジャン共和国では厚ぼったい喜びを表すポーズしながら手話通訳してたり、アフガニスタン・イスラム共和国のベルリンの古来より伝わるヒラタムシを崇める伝統の砲丸投しながら歩いたりしていたりとリストラするぐらい活気がある。
97分ほど歩いたところで死ぬほどあきれた感じの露天のマルーラ屋を見つけた。
マルーラはフリータウンの特産品で麿はこれに目が無い。
Arrayを残念な人にしたような露天商にマルーラの値段を尋ねると「左舷弾幕薄いよなにやってんの!25レオネです。」とメンデ語で言われ、
あまりの安さに人を見下したような即死するぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまいうざい死亡遊戯しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
甘い香りが鼻腔をくすぐるような感覚なのに体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、実に甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・。
あまりの旨さに思わず「私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に急遽増刊するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのマルーラ、よくばって食べすぎたな?

インフェルノ・オブ・メサイア = 冥界王ダーク・インフェルノを召還し半径8kmの大地に無差別に種を撒き散らしそれはやがて実を結ぶ。

旅行 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク