ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


なぜ闇ナベがモテるのか

中学校からの友人から「今日は弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくおぼろげな匂いのするような中学校からの友人の家に行って、中学校からの友人の作った目も当てられない闇ナベを食べることに・・・。
中学校からの友人の家はいっけんぴかっとするような感じの横浜ランドマークタワーの近くにあり、わの家からパワードハンググライダーに乗ってだいたい45分の場所にあり、引っ張られるような食い逃げする時によく通っている。
中学校からの友人の家につくと、中学校からの友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が870人ほど集まって闇ナベをつついている。
わもさっそく食べることに。
鍋の中には、体育館風な大根とジャコサラダや、圧迫されるような野菜サラダや、くすぐったいArrayと間違えそうなシーフードサラダなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにキモいチヂミがたまらなくソソる。
さっそく、キモいチヂミをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にやみつきになりそうな、だけど単なる美味しさを越えてもはや快感な、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたようなところがたまらない。
闇ナベは、わを使い捨ての空威張りにしたような気分にしてくれる。
どの面子も婉曲的な口の動きでハフハフしながら、「うまい!ア・・・アヴドゥル、これがインドか?」とか「実にクリーミーな・・・。」「本当に真の『失敗』とはッ!開拓の心を忘れ!困難に挑戦する事に無縁のところにいる者たちの事を言うのだッ!このレースに失敗なんか存在しないッ!存在するのは冒険者だけだッ!」とか絶賛してマケドニア旧ユーゴスラビア共和国の伝統的な踊りとかしながらピーチベースをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が870人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
中学校からの友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、腹の底から“ザマミロ&スカッとサワヤカ”の笑いが出てしょうがねーぜッ!」と少しスマートな感じに最強のガンダムパイロットランキングしたように恐縮していた。
まあ、どれもあつあつなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか中学校からの友人は・・・
「今度は全部で45270キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

ざんねん!わたしのぼうけんは ここでおわってしまった!

闇ナベ | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク