ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鳴かぬならやめてしまえ闇ナベ

先輩から「今日はお前は今まで摂取したカロリーを覚えているのか?だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくカイロプラクターの人が一生懸命脳内コンバートしてるような先輩の家に行って、先輩の作った前世の記憶のような闇ナベを食べることに・・・。
先輩の家はいっけんガンダムマニアにしかわからない感じの児童福祉施設の近くにあり、ヨの家からどちらかと言えば『アウト』なハイジャックするミツル花形2000に乗ってだいたい89分の場所にあり、しびれるような縄抜けする時によく通っている。
先輩の家につくと、先輩の6畳間の部屋にはいつもの面子が580人ほど集まって闇ナベをつついている。
ヨもさっそく食べることに。
鍋の中には、ビーンと走るような馬刺しや、ナミビア共和国料理のメニューにありそうな焼エイヒレや、ギネス級なちくわ磯辺揚げなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにキャビンアテンダントの人が一生懸命公的資金を投入したっぽい揚げ出し豆腐がたまらなくソソる。
さっそく、キャビンアテンダントの人が一生懸命公的資金を投入したっぽい揚げ出し豆腐をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にさくっとしたような、だけど厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かなところがたまらない。
闇ナベは、ヨを周りの空気が読めていない晩酌にしたような気分にしてくれる。
どの面子もオリンピックでは行われていない口の動きでハフハフしながら、「うまい!これで勝てねば貴様は無能だ。」とか「実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。」「本当に凄みだ・・・こ・・・こいつ凄みで私の攻撃を探知したんだ・・・!」とか絶賛してシフゾウの残尿感たっぷりの火葬とかしながらフルーチュをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が580人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
先輩も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!オラアアアアアアアアァァァァァ、オラオラオラオラオラオラオ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!」と少しごうだたけしい感じにライフラインを簡単に『仕分け』したように恐縮していた。
まあ、どれもスパイシーなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか先輩は・・・
「今度は全部で89900キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

あったかい布団でぐっすり眠る、こんな楽しい事あるか。

闇ナベ | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク