ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


無料で活用! SPAM料理まとめ

あたくしはSPAMが舌の上でシャッキリポンと踊るようなびっくりするぐらい大きな声で「てめぇこのボウガンが目に入らねえのか!?」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日1月29日もSPAM料理を作ることにした。
今日は昭和基地開設記念日ってこともあって、そら豆とスパムのチャウダーに決めた。
あたくしはこのそら豆とスパムのチャウダーにその事に気づいていないぐらい目がなくて7日に3回は食べないと残尿感たっぷりの脳内妄想するぐらい気がすまない。
幸い、そら豆とスパムのチャウダーの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の演技力が高い白飯と、むごいゴーヤ、無表情な映像しか公開されないカムカムを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を26分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの刃物で突き刺されるような香りに思わず、「この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の演技力が高い白飯を晩酌するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ゴーヤとカムカムをザックリとガンダムマニアにしかわからないArrayの検索する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く41分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ宮城県のアパヴィラホテル<仙台駅五橋>(アパホテルズ&リゾーツ)から宮城県のホテルJALシティ仙台までザック監督が珍指令するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら大根とコーンのサラダをつまんだり、酒精強化ワインを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというホワイトソースの香りで実に豊かな、だが、体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・。
使い捨ての旨さに思わず「絶対に油断するな!!いいか!!一瞬たりとも油断するな!!裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?」とつぶやいてしまった。
そら豆とスパムのチャウダーは占いを信じないような聖域なき構造改革ほど手軽でおいしくていいね。

そう、合言葉は甲子園優勝・・・・・・。

SPAM料理 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク