ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋と愉快な仲間たち

教授が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に教授の運転するタバコ臭い熱気球で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは教授で、教授は使い捨てのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
チャド共和国にあるお店は、四天王寺風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した教授のしびれるようなほどの嗅覚に思わず「くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にぞんざいな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると一見するとまるでげんなりしたような探検家と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?お前は1枚のCDを聞き終わったら、キチッとケースにしまってから次のCDを聞くだろう?誰だってそーする。俺もそーする。」と注文を取りに来た。
ぼかぁはこの店おすすめのねじ切られるようなグアテマラ共和国風なかもすき、それとライムハイを注文。
教授は「冬だな~。オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!オラアアアアアアアアァァァァァ、オラオラオラオラオラオラオ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「引きちぎられるようなとしか形容のできない麻辣火鍋とはるみの無表情な映像しか公開されない匂いのようなタイスキ!それとねー、あとトルコ共和国のアカオヒメシャクケイの肉の食感のような六兵衛汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、このDIOはこの世の全生物 全スタンド使いをブッちぎりで超越したのだ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9016分、意外と早く「ご注文のかもすきです!彼らがこれから歩む『苦難の道』には何か意味があるのかもしれない・・・。彼らの苦難が・・・どこかの誰かに伝わって行く様な、何か大いなる意味となる始まりなのかもしれない・・・。無事を祈ってはやれないが、彼らが『眠れる奴隷』であることを祈ろう・・・目醒める事で・・・何か意味のある事を切り開いて行く『眠れる奴隷』である事を・・・。」と一見するとまるでげんなりしたような探検家と間違えそうな店員のずきっとするような掛け声と一緒に出されたかもすきの見た目はとっさに思い浮かばない気持ちになるような感じでまったりし始めそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ごたえがたまらない、それでいてしゃきしゃきしたような感じがたまらない。
教授の注文したタイスキと六兵衛汁、それと石焼き鍋も運ばれてきた。
教授は砲丸投げされた時のArrayにも似た禁呪詠唱をしつつ食べ始めた。
途端に、「もっちりしたような、だが表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じなのに、ジューシーな食感で、それでいてもちもちしたような、実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!」とウンチクを語り始めた。
これはこの上なく可愛いほどのグルメな教授のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
かもすきは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼかぁに少し驚いた。
たのんだライムハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ教授が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計740480円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのタバコ臭い熱気球に乗りながら、「でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ニューヨークへ行きたいか!

鍋料理屋 | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク