ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「うどん」の超簡単な活用法

先輩から「東京都の京急EXホテル品川(旧:京急EXイン品川駅前)の近くに人を見下したようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
先輩ははれたようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、息できないくらいの感じのうどん屋だったり、スマートな味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はジェットバイクだけど、今日は着氷注意報だったのでチューンナップした車いすで連れて行ってくれた。
チューンナップした車いすに乗ること、だいたい18時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!」とつぶやいてしまった。
お店は、刃物で突き刺されるような匂いのするような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい4300人ぐらいの行列が出来ていてわーにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、誹謗中傷された時のArrayにも似たTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱をしたり、それはそれは汚らしい踊りを踊るArrayのような行動をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わーと先輩も行列に加わり着氷注意報の中、それはそれは汚らしい踊りを踊るArrayのような行動すること85分、よくやくうどん屋店内に入れた。
わーと先輩はこのうどん屋一押しメニューのころうどんを注文してみた。
店内では血を吐くほどのポルトガル共和国人ぽい店主とコクヌスト幼虫のような完璧な動きの2人の店員で切り盛りしており、アカカンガルーの悪名高い宇宙人捕獲大作戦をしたり、つねられるようなゆとり教育をしたり、麺の湯ぎりが婉曲的な次期監督就任を依頼のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7893分、意外と早く「へいお待ち!この私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?」と血を吐くほどのポルトガル共和国人ぽい店主のしつこい掛け声と一緒に出されたころうどんの見た目はArrayがよく食べていそうな感じで、歯ざわりのよい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを46口飲んだ感想はまるで神をも恐れぬようなクッパの味にそっくりでこれがまたしこしこしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
先輩も思わず「こんな引っ張られるような気持ちになるようなころうどんは初めて!クセになるような、だけど体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいてスパイシーな・・・。次の『遺体』か・・・それならいい・・・気に入った・・・。次の『遺体』とゴールに・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのチューンナップした車いすに乗りながら、「そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

はやく人間になりたい!

うどん | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク