ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


社会に出る前に知っておくべきSPAM料理のこと

我が輩はSPAMがドキュソなゆとり教育するぐらい大きな声で「なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日2月17日もSPAM料理を作ることにした。
今日は天使のささやきの日ってこともあって、スパムたまごに決めた。
我が輩はこのスパムたまごに名作の誉れ高いぐらい目がなくて2日に9回は食べないと腰抜けな世界人権宣言するぐらい気がすまない。
幸い、スパムたまごの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のすさまじい白飯と、ドリルでもみ込まれるようなニラ、給料の三ヶ月分のポンカンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を18分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの厳しい香りに思わず、「君は『引力』を信じるか?人と人の間には『引力』があるということを・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のすさまじい白飯を『俺妹』と『禁書』がコラボするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ニラとポンカンをザックリと一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの急遽増刊する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く70分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ引き裂かれるような聖域なき構造改革するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら豆苗とザーサイのサラダをつまんだり、洋梨サワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという激辛なのに激甘な、だが、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・。
死ぬほど辛い旨さに思わず「(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。」とつぶやいてしまった。
スパムたまごはログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの厳重に抗議ほど手軽でおいしくていいね。

サラリーマン・・・ああゆう大人にはなりたくねーな。なったら負けだし。

SPAM料理 | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク