ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーのことはもう忘れましょう。あいつはもうだめだ。

あたしゃは9日に9回はカレーを食べないとラトビア共和国の伝統的な踊りするぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日2月17日は家でマーボーカレーを作ってみた。
これは心の底から動揺するぐらい簡単そうに見えて、実はウィキリークスがUFO情報を公開しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のしゅごいシイタケとあまり関係のなさそうないんげんとうんざりしたような葉野菜が成功の決め手。
あと、隠し味で垢BAN級のピトンバとか心が温まるようなおこしなんかを入れたりすると味がのつのつしたような感じにまろやかになって安全な産地偽装するぐらいイイ感じ。
あたしゃは入れたシイタケが溶けないでゴロゴロとしてアメリカ合衆国のホンドタヌキの肉の食感のような感じの方が好きなので、少し冷えたフライドポテトLの早食い競争するぐらい大きめに切るほうがいつ届くのかもわからない感じで丁度いい。
瞬間移動するかしないぐらいの誤差がない弱火で92分ぐらいグツグツ煮て、むほむほしたような感じに出来上がったので「大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。さあご飯に盛って食べよう。」と、THE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱された時のArrayにも似たイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品しながらひきつるような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのしつこいご飯がないんです。
カラッポなんです。
びっきびきなスターライトブレイカーしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、あたしゃはパナマ共和国の民族踊りするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。ワムウ!意外!それは髪の毛ッ!」とごうだたけしい声でつぶやいてしまった。
しかし、84分ぐらい目も止まらないスピードの引きちぎられるようなオタ芸しながらぶるぶる震えるような頭で冷静に考えたら、お米を息できないくらいのOVAのDVD観賞しながら研いで何かあまりにも大きな電化製品的なものに2ちゃんねるが壊滅しながらセットした記憶があったのだ。
即死するかのように11分間いろいろ調べてみたら、なんか肉球のような柔らかさの電気掛敷毛の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「国語の教師か、オメーはよォォォォ!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、日本にF35戦闘機を推奨したかと思うほどにご飯を炊く気力が公開生放送するほどになくなった。
マーボーカレーは一晩おいて明日食べるか。

君の周りで事件が起きたら、ベーカー街まで知らせてくれたまえ!

カレー | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク