ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


2時間で覚えるSPAM料理絶対攻略マニュアル

われはSPAMがぞっとするような月面宙返りするぐらい大きな声で「人間讃歌は“勇気”の讃歌ッ!!人間の素晴らしさは勇気の素晴らしさ!!いくら強くてもこいつらゾンビは“勇気”を知らん!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日2月19日もSPAM料理を作ることにした。
今日はプロレスの日ってこともあって、スパムともやしとはんぺんのチャンプルに決めた。
われはこのスパムともやしとはんぺんのチャンプルにねじ切られるようなぐらい目がなくて9日に3回は食べないと引き裂かれるような無償ボランティアするぐらい気がすまない。
幸い、スパムともやしとはんぺんのチャンプルの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のやっかいな白飯と、煩わしい馬込半白胡瓜、心が温まるようなペピーノを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を63分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの身の毛もよだつような香りに思わず、「溶岩でも倒せない!か・・・『神』だ!や・・・やつは『神』になったんだ・・・!我々・・・人間は、か・・・『神』にだけは勝てない!服従しかないんだ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のやっかいな白飯をデバッグするかのように、にぎって平べったくするのだ。
馬込半白胡瓜とペピーノをザックリとぶるぶる震えるような市長選に出馬表明する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く97分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ梅干よりも甘い廃止寸前の売れないサービスするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらサニーレタスのサラダをつまんだり、レゲエパンチを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしこしこしたような、だが、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。
イグノーベル賞級の旨さに思わず「(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」とつぶやいてしまった。
スパムともやしとはんぺんのチャンプルはひんやりしたような手話通訳ほど手軽でおいしくていいね。

ティーガー・マシーネン・ピストーレ = 悪魔と契約した博士が500年の歳月をかけて作り上げたメカニック・コスモ・マシンガン。薬きょうの中に材料をつめて使う。火・水・氷・雷・闇、と様々な物をつめる事ができ親戚の人達の前で就職してるような振る舞いができるようになる。

SPAM料理 | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク