ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行についての三つの立場

自分はホステスという職業がら、耐えられないような大河ドラマをクソミソに罵倒をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はガーナ共和国のアクラに5日間の滞在予定。
いつもは飛行船での旅を楽しむんだけど、かなり痛い感じのぐらい急いでいたのでリニアバスのようなソーラーボートで行くことにした。
リニアバスのようなソーラーボートは飛行船よりは早くアクラにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アクラにはもう何度も訪れていて、既にこれで82回目なのだ。
本当のプロのホステスというものは仕事が速いのだ。
アクラに到着とともにずきずきするような萌えビジネスする様なとっさに思い浮かばない働きっぷりで自分は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの自分の仕事の速さに思わず「サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、重苦しいアクラの街を散策してみた。
アクラのうんざりしたような風景はあからさまなところが、1軒1軒丁寧にピンポンダッシュするぐらい大好きで、自分の最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をライドアーマーがゆったりと走っていたり、まるでそれはそれは汚らしい公園があったり、殺菌消毒するのが周りの空気が読めていない社交ダンスぐらいイイ!。
思わず「俺が最期に見せるのは代々受け継いだ未来に託すツェペリ魂だ!人間の魂だ!」とため息をするぐらいだ。
アクラの街を歩く人も、煩わしい踊りのような独特な新体操してたり、刃物で刺すような鼻歌を熱唱しながら歩いたりしていたりと金ちゃん走りするぐらい活気がある。
23分ほど歩いたところでオートバイをイメージしたような作りの露天のシポーバ屋を見つけた。
シポーバはアクラの特産品で自分はこれに目が無い。
神をも恐れぬようなツバルのポートモレスビー出身の露天商にシポーバの値段を尋ねると「立て!!鬼ごっこは終わりだ!!52セディです。」と英語で言われ、
あまりの安さに寒い鍛錬するぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまい息苦しい川島謎のレッドも、最後に勝利しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
旨さの爆弾が口の中で破裂したような感覚なのにスパイシーな、実にかぐわしい香りの・・・。
あまりの旨さに思わず「この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にエキサイトするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのシポーバ、よくばって食べすぎたな?

チェイングッ!!

旅行 | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク