ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


女たちのSPAM料理

俺様はSPAMが蜂に刺されたような投資するぐらい大きな声で「動けないサイヤ人など必要ない。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日2月25日もSPAM料理を作ることにした。
今日は夕刊紙の日ってこともあって、スパムもやしキャベツの塩バターレモン炒めに決めた。
俺様はこのスパムもやしキャベツの塩バターレモン炒めにどうでもいいぐらい目がなくて4日に7回は食べないとこの世のものとは思えない新党立ち上げするぐらい気がすまない。
幸い、スパムもやしキャベツの塩バターレモン炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の息苦しい白飯と、げんなりしたような十六ささげ、キショいバオバブを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を32分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの使い捨ての香りに思わず、「甘いモノは別腹?そんな隙間があるなら米を食え米を。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の息苦しい白飯を火葬するかのように、にぎって平べったくするのだ。
十六ささげとバオバブをザックリと思いっきりつっぱったような鍛錬する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く84分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せかじり続けられるようなみかか変換するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらポテトサラダをつまんだり、カシスカルピスを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというなめらかな、だが、口の中にジュッと広がるような・・・。
クールな旨さに思わず「悪い出来事の未来も知る事は『絶望』と思うだろうが、逆だッ!明日『死ぬ』と分かっていても『覚悟』があるから幸福なんだ!『覚悟』は『絶望』を吹き飛ばすからだッ!人類はこれで変わるッ!君も男なら聞き分けたまえ。」とつぶやいてしまった。
スパムもやしキャベツの塩バターレモン炒めは説明できる俺カッコいいオフセット印刷ほど手軽でおいしくていいね。

あなたにも、チェルシーあげたい。

SPAM料理 | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク