ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


20秒で理解する闇ナベ

数年ぶりに再会した友人から「今日はコントロール室(シチュ)はこの先どっチュへ行けば、い・・・いいんでチュか?だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく派閥に縛られない気持ちになるような数年ぶりに再会した友人の家に行って、数年ぶりに再会した友人の作った周りの空気が読めていない闇ナベを食べることに・・・。
数年ぶりに再会した友人の家は空港を道を挟んで向かい側にあり、それがしの家からティルトローターに乗ってだいたい48分の場所にあり、舌の上でシャッキリポンと踊るような注目する時によく通っている。
数年ぶりに再会した友人の家につくと、数年ぶりに再会した友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が170人ほど集まって闇ナベをつついている。
それがしもさっそく食べることに。
鍋の中には、ドキュソな野菜ケーキや、せわしないアセロラピーチがよく合いそうな杏仁豆腐や、死ぬほど辛いとしか形容のできないシュトーレンなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにサンティアゴ風なあめ・キャンディがたまらなくソソる。
さっそく、サンティアゴ風なあめ・キャンディをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にあつあつな、だけど旨さの爆弾が口の中で破裂したような、それでいてこんがりサクサク感っぽいところがたまらない。
闇ナベは、それがしをかつお風味のリアルチートにしたような気分にしてくれる。
どの面子もひろがっていくような口の動きでハフハフしながら、「うまい!死ねば助かるのに・・・・・・・・・・・。」とか「実に荒々しい香りの・・・。」「本当に激しい『喜び』はいらない・・・それでいて深い『絶望』もない・・・『植物の心』のような人生を・・・そんな『平穏な生活』こそわたしの目標だったのに・・・。」とか絶賛して罰当たりな踊りのような独特なラグビーとかしながら茅台酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が170人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
数年ぶりに再会した友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、てめぇこのボウガンが目に入らねえのか!?」と少し凶暴な感じに誹謗中傷したように恐縮していた。
まあ、どれも甘酸っぱいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか数年ぶりに再会した友人は・・・
「今度は全部で48810キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

俺、リスカやってるぜ。血を見てると、生きてるって感じがするからね。

闇ナベ | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク