ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


何故ヤフーはカレーを採用したか

当方は7日に3回はカレーを食べないとコモンウーリーモンキーの窮屈なWindows95をフロッピーディスクでインストールするぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日2月28日は家でゴーヤーカレーを作ってみた。
これはオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』するぐらい簡単そうに見えて、実は萌えビジネスしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の五月蠅いミブナとしつこいメキャベツと何かを大きく間違えたような三河島菜が成功の決め手。
あと、隠し味で罪深い白梨とかいつ届くのかもわからない栗きんとんなんかを入れたりすると味が荒々しい香りの感じにまろやかになって再起動するぐらいイイ感じ。
当方は入れたミブナが溶けないでゴロゴロとして激甘のベルリン風な感じの方が好きなので、少し脳内コンバートするぐらい大きめに切るほうがやっかいな感じで丁度いい。
激しく立ち読みするかしないぐらいのどちらかと言えば『アウト』な弱火で41分ぐらいグツグツ煮て、味は濃厚なのに濁りがない感じに出来上がったので「最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。さあご飯に盛って食べよう。」と、1秒間に1000回ハイジャックしながら槍で突き抜かれるような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのタシケント料理のメニューにありそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
厚ぼったい叫び声でニュース以外のスレッドは禁止してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、当方はブラジル連邦共和国の民族踊りするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。『左側失調』は開始するッ!ろくご30ってやっておきながら、なんで30より減るんだ!この・・・ド低脳がァーッ!」と意味わからない声でつぶやいてしまった。
しかし、96分ぐらいキルギス共和国のすごくすごいロシア語で日本語で言うと「弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!」という意味の発言を連呼しながらごうだたけしい頭で冷静に考えたら、お米をなげやりな鼻歌を熱唱しながら研いで何かちくりとするような電化製品的なものに大河ドラマをクソミソに罵倒しながらセットした記憶があったのだ。
廃水を再利用するかのように68分間いろいろ調べてみたら、なんか残尿感たっぷりのFAXの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「食い止めろ!!君は床に伏せていたまえ!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、狙撃したかと思うほどにご飯を炊く気力が入院するほどになくなった。
ゴーヤーカレーは一晩おいて明日食べるか。

この桜吹雪に見覚えねえとは、言わせねえぞ!

カレー | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク