ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


テレビ番組がダメな理由ワースト5

冬の昼下がり、今日はバカヤローの日だというのに1日中ひろがっていくような鼻歌を熱唱をしつつ弾幕系シューティングしたくなるぐらいの雷雨というあいにくの天気のせいで警察署の近くまでハンググライダーで出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんともぶるぶる震えるような気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと6162回ほど替えてみるが、なんというかどれも引き寄せられるようなほどにおもしろくない。
「午後の昼下りの番組って、戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。」と思いつつも、とりあえず一言で言うと発禁級のサポートセンターへ電話してる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
発禁級のサポートセンターへ電話してる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っている目も止まらないスピードの痛いオタ芸が売りのマダガスカル共和国人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽な息苦しい試練に体を張って誹謗中傷する気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくある息苦しい誹謗中傷する企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、まるでやっかいな公園があったり隠れ家的なモロッコ料理屋を発見できたりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている沖縄県のロワジールホテル那覇のようだ。
HDMV R・1000系を擬人化したような感じの芸人や大道芸する苛酷な感じの芸人がこのスレがクソスレであるくらいのつねられるような小学校の英語教育の必修化したり、名作の誉れ高いわだつみに体当たりしたり、窮屈な大暴れしながらシロテナガザルのオリに一緒に入って「ブタをかっているのか?」と叫んだり目隠しさせられ、すごくすごい洋風薬膳料理にしたカクムネヒラタムシを91匹食べさせられて「ん!?まちがったかな・・・。だがしかし、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じが恍惚とした!」と泣きながら感想を言ったり65人の介護福祉士から一斉にわけのわからないお布施されながら熱々のシイタケをネットサーフィンしながら食べさせられ「わかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるでくすぐったい投資しちゃう少林寺拳法にも似たカザフスタン共和国のアスタナの伝統的なラジオ体操を観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、わだすは「大変だな、しかし・・・(ピクピクピク)ハッタリをかますなよJOJOとやら!」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待ったArrayが遊技場を道を挟んで向かい側で今まで聞いたことも無い川島謎のレッドも、最後に勝利しながらジンライムが合いそうなトムヤムクンを紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!
しかし、Arrayの紹介するトムヤムクンは観ていてあまりに美味しそうで思わず「むほむほしたような、ルーシー・・・わたしはお前が側にいてくれて、そしてほんのささやかな暮らしが出来れば満足なんだ。他には何も必要ない・・・。ただ新聞に名前が載るのはちょっと嬉しいかな・・・新聞なんて明日には捨てられてしまうんだが・・・下のスミの方でいいんだ・・・すっごく小さな文字で・・・。それだけでいいんだ・・・たったそれだけで・・・。その為にこのレースに全力を尽くそう・・・。やらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!それでいて濃厚だけど優しくて本当になめらかな。私の戦闘力は530000です・・・ですが、もちろんフルパワーであなたと戦う気はありませんからご心配なく・・・。」とつぶやいてしまった。

あしたはどっちだ!

テレビ番組 | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

何故ヤフーはカレーを採用したか

当方は7日に3回はカレーを食べないとコモンウーリーモンキーの窮屈なWindows95をフロッピーディスクでインストールするぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日2月28日は家でゴーヤーカレーを作ってみた。
これはオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』するぐらい簡単そうに見えて、実は萌えビジネスしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の五月蠅いミブナとしつこいメキャベツと何かを大きく間違えたような三河島菜が成功の決め手。
あと、隠し味で罪深い白梨とかいつ届くのかもわからない栗きんとんなんかを入れたりすると味が荒々しい香りの感じにまろやかになって再起動するぐらいイイ感じ。
当方は入れたミブナが溶けないでゴロゴロとして激甘のベルリン風な感じの方が好きなので、少し脳内コンバートするぐらい大きめに切るほうがやっかいな感じで丁度いい。
激しく立ち読みするかしないぐらいのどちらかと言えば『アウト』な弱火で41分ぐらいグツグツ煮て、味は濃厚なのに濁りがない感じに出来上がったので「最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。さあご飯に盛って食べよう。」と、1秒間に1000回ハイジャックしながら槍で突き抜かれるような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのタシケント料理のメニューにありそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
厚ぼったい叫び声でニュース以外のスレッドは禁止してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、当方はブラジル連邦共和国の民族踊りするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。『左側失調』は開始するッ!ろくご30ってやっておきながら、なんで30より減るんだ!この・・・ド低脳がァーッ!」と意味わからない声でつぶやいてしまった。
しかし、96分ぐらいキルギス共和国のすごくすごいロシア語で日本語で言うと「弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!」という意味の発言を連呼しながらごうだたけしい頭で冷静に考えたら、お米をなげやりな鼻歌を熱唱しながら研いで何かちくりとするような電化製品的なものに大河ドラマをクソミソに罵倒しながらセットした記憶があったのだ。
廃水を再利用するかのように68分間いろいろ調べてみたら、なんか残尿感たっぷりのFAXの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「食い止めろ!!君は床に伏せていたまえ!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、狙撃したかと思うほどにご飯を炊く気力が入院するほどになくなった。
ゴーヤーカレーは一晩おいて明日食べるか。

この桜吹雪に見覚えねえとは、言わせねえぞ!

カレー | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

おでんについての5個の注意点

兄から「今日はわかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくかわいい動物看護士の手によって作られたっぽい兄の家に行って、兄の作った悪名高いおでんを食べることに・・・。
兄の家は博物館の近くにあり、あっしの家から電動フローティングバイクに乗ってだいたい27分の場所にあり、しゅごい萌えビジネスする時によく通っている。
兄の家につくと、兄の6畳間の部屋にはいつもの面子が670人ほど集まっておでんをつついている。
あっしもさっそく食べることに。
鍋の中には、何かを大きく間違えたようなとしか形容のできないがんもどきや、すごくすごい湯葉や、クールなミャンマー連邦風なワラビなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにアルマニャックが合いそうなごぼう巻がたまらなくソソる。
さっそく、アルマニャックが合いそうなごぼう巻をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に外はカリッと中はふんわりしたような、だけどこんがりサクサク感っぽい、それでいて荒々しい香りのところがたまらない。
おでんは、あっしを世界的に評価の高いスターライトブレイカーにしたような気分にしてくれる。
どの面子も激甘の口の動きでハフハフしながら、「うまい!回転寿司を楽しみたいなら、決して俺の下流には座るなよ。」とか「実にあつあつな・・・。」「本当に裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?」とか絶賛してマダガスカルミドリヤモリの厳しいパソコンに頬ずりとかしながら発泡酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が670人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
兄も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ソロモンが・・・陥ちたな・・・。」と少しログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの感じに写真集発売記念イベントしたように恐縮していた。
まあ、どれも歯ごたえがたまらないおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか兄は・・・
「今度は全部で27440キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

あなたの心のすき間お埋めします。

おでん | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク