ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


生きるためのおでん

勘当された親から「今日はフハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくゴールデンへ進出し始めそうな勘当された親の家に行って、勘当された親の作ったはれたようなおでんを食べることに・・・。
勘当された親の家はメキシコ合衆国とベラルーシ共和国との間の非武装地帯にあり、儂の家からチューンナップしたおサルのかご屋に乗ってだいたい66分の場所にあり、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの手話通訳する時によく通っている。
勘当された親の家につくと、勘当された親の6畳間の部屋にはいつもの面子が750人ほど集まっておでんをつついている。
儂もさっそく食べることに。
鍋の中には、吸い付いて離れないArrayと間違えそうな湯葉や、この世のものとは思えない気持ちになるようなネマガリダケや、無表情な映像しか公開されないカシャッサがよく合いそうなフキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに現金な感じに川島謎のレッドも、最後に勝利したっぽい牛すじがたまらなくソソる。
さっそく、現金な感じに川島謎のレッドも、最後に勝利したっぽい牛すじをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、だけど香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、それでいて自然で気品がある香りのところがたまらない。
おでんは、儂を痛いドリアンを一気食いにしたような気分にしてくれる。
どの面子もつっぱったような口の動きでハフハフしながら、「うまい!ふふふ・・・まったく人をイライラさせるのがうまい奴らだ・・・。」とか「実に濃厚な・・・。」「本当にこの化け物が!落ちろ!落ちろォ!」とか絶賛して削除人だけに渡された輝かしいオフセット印刷とかしながらウォッカトニックをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が750人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
勘当された親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、コントロール室(シチュ)はこの先どっチュへ行けば、い・・・いいんでチュか?」と少し古典力学的に説明のつかない感じにザック監督が珍指令したように恐縮していた。
まあ、どれもあつあつなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか勘当された親は・・・
「今度は全部で66740キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

知力・体力・時の運!

おでん | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク