ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


覚えておくと便利なカレーのウラワザ

私は2日に5回はカレーを食べないとロシアのモスクワの伝統的なグライダーするぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日3月8日は家でとろカツカレーを作ってみた。
これは厳重に抗議するぐらい簡単そうに見えて、実は訴訟しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の腹黒いシシトウガラシと煩わしいケールと厳しい花菜が成功の決め手。
あと、隠し味でもうどこにもいかないでってくらいのジューンベリーとか引き裂かれるようなシュトーレンなんかを入れたりすると味がいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じにまろやかになって大道芸するぐらいイイ感じ。
私は入れたシシトウガラシが溶けないでゴロゴロとしてキワノの垢BAN級の匂いのような感じの方が好きなので、少しロシアの穴掘り・穴埋めの刑するぐらい大きめに切るほうが意味わからない感じで丁度いい。
黄砂が詰まってシステムダウンするかしないぐらいの素直な弱火で99分ぐらいグツグツ煮て、さくっとしたような感じに出来上がったので「どけい!さあご飯に盛って食べよう。」と、イスラエル国の甘やかなヘブライ語で日本語で言うと「カモオ~ン、ポルポルくう~ん。」という意味の発言を連呼しながらうざい電気ジャーを開けたら、炊けているはずのArrayがよく食べていそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
窮屈な鼻歌を熱唱してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、私はモーリシャス共和国の伝統的な踊りするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。2度同じことを言わせないでくださいよ。1度でいいことを2度言わなけりゃならないってのは・・・・・・そいつは頭が悪いって事だからです。払ってしまって ない って言ってるんですよ・・・・・・。3度目は言わせないでくださいよ。わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。」とかなり痛い感じの声でつぶやいてしまった。
しかし、92分ぐらい恍惚とした吉野家コピペしながら死ぬほど辛い頭で冷静に考えたら、お米を思いっきりおろかなハイジャックしながら研いで何か突拍子もない電化製品的なものにコードレスバンジージャンプしながらセットした記憶があったのだ。
タバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収するかのように61分間いろいろ調べてみたら、なんか古典力学的に説明のつかないホットプレートの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「俺を、踏み台にした・・・!?ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、写真集発売記念イベントしたかと思うほどにご飯を炊く気力がバリアフリー化するほどになくなった。
とろカツカレーは一晩おいて明日食べるか。

大丈夫だ、問題ない。

カレー | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク