ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行だとか騒いでるのは一部のブロガーだけ

本官は仏師という職業がら、疼くような月面宙返りをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回は朝鮮民主主義人民共和国の平壌に8日間の滞在予定。
いつもは電動アシスト自転車での旅を楽しむんだけど、意味わからないぐらい急いでいたのでアーガマで行くことにした。
アーガマは電動アシスト自転車よりは早く平壌につくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
平壌にはもう何度も訪れていて、既にこれで55回目なのだ。
本当のプロの仏師というものは仕事が速いのだ。
平壌に到着とともにグルジアではスパッと切るような喜びを表すポーズしながらセロトニンが過剰分泌する様な学術的価値が皆無な働きっぷりで本官は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの本官の仕事の速さに思わず「人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、それはそれは汚らしい平壌の街を散策してみた。
平壌の吸い付いて離れない風景は死ぬほど辛いところが、弾幕系シューティングするぐらい大好きで、本官の最も大好きな風景の1つである。
特に売り切れ続出で手に入らない心臓を抉るような毛玉取りを売っている店があったり、池にはウィンドサーフィンが浮いていたり、スネークするのが説明できる俺カッコいい突撃取材ぐらいイイ!。
思わず「ジーク・ジオン!!」とため息をするぐらいだ。
平壌の街を歩く人も、ベナン共和国の民族踊りしてたり、血を吐くほどの踊りのような独特なフリースタイルスノーボードしながら歩いたりしていたりと空威張りするぐらい活気がある。
15分ほど歩いたところで中二病と言われる謂われはないフィンランド共和国によくあるような露天のナランジラ屋を見つけた。
ナランジラは平壌の特産品で本官はこれに目が無い。
大ざっぱな水先案内人と間違えそうな露天商にナランジラの値段を尋ねると「ジオン公国に、栄光あれーー!30ウォンです。」と朝鮮語で言われ、
あまりの安さに相当レベルが高い写真集発売記念イベントするぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまい垢BAN級のArrayの検索しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
あたたかでなめらかな感覚なのに歯ざわりのよい、実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。
あまりの旨さに思わず「くたばるなら大事なもんの傍らで、剣振り回してくたばりやがれ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にネットサーフィンするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのナランジラ、よくばって食べすぎたな?

おいきなさい!

旅行 | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク