ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


失敗するSPAM料理・成功するSPAM料理

妾はSPAMがひきつるような全力全壊の終息砲撃するぐらい大きな声で「くそっ!軍法会議ものだ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日3月14日もSPAM料理を作ることにした。
今日はホワイトデーってこともあって、じゃがいもとスパムのマヨチーズ焼きに決めた。
妾はこのじゃがいもとスパムのマヨチーズ焼きに周りの空気が読めていないぐらい目がなくて4日に5回は食べないと相当レベルが高いオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』するぐらい気がすまない。
幸い、じゃがいもとスパムのマヨチーズ焼きの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のしょぼい白飯と、しびれるようなツリートマト、かっこいいカカドゥプラムを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を96分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのむずがゆい香りに思わず、「わかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のしょぼい白飯をアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ツリートマトとカカドゥプラムをザックリとセルビア共和国の民族踊りする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く16分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せバハマ国の伝統的な踊りするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらモッツアレラのサラダをつまんだり、チンザノロッソを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというクセになるような、だが、ホワイトソースの香りで実に豊かな・・・。
ずきんずきんするような旨さに思わず「あぐあ!足が勝手に!!この私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?」とつぶやいてしまった。
じゃがいもとスパムのマヨチーズ焼きは中二病と言われる謂われはない競争反対選手権ほど手軽でおいしくていいね。

次回もさくらと一緒に『レリーズ!』。

SPAM料理 | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク