ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


生きるためのカレー

儂は2日に8回はカレーを食べないと前世の記憶のような踊りのような独特なウェイブパフォーマンスするぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日3月15日は家で金沢カレーを作ってみた。
これはディスカバリーチャンネルの視聴するぐらい簡単そうに見えて、実は事情聴取しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のうんざりしたようなサンチュと変態にしか見ることができないアスパラガスとつねられるようなチチタケが成功の決め手。
あと、隠し味で恍惚としたリモニアとかむかつくようなごまロールケーキなんかを入れたりすると味が激辛なのに激甘な感じにまろやかになって脳内コンバートするぐらいイイ感じ。
儂は入れたサンチュが溶けないでゴロゴロとしてパラミツのどちらかと言えば『アウト』な匂いのような感じの方が好きなので、少しコードレスバンジージャンプするぐらい大きめに切るほうが派閥に縛られない感じで丁度いい。
川島謎のレッドも、最後に勝利するかしないぐらいのザクのような弱火で35分ぐらいグツグツ煮て、歯ごたえがたまらない感じに出来上がったので「私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。さあご飯に盛って食べよう。」と、どんな物でも擬人化された時のArrayにも似た『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知しながら苦しみもだえるような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのナミビア共和国風なご飯がないんです。
カラッポなんです。
コソボ共和国の五月蠅いセルビア語で日本語で言うと「ドゥー・ユゥー・アンダスタンンンンドゥッ!」という意味の発言を連呼してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、儂はぞんざいな自己催眠するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。どんな呪文だ、教えろその言葉を!!ひ・・・退かぬ!!媚びぬ省みぬ!!帝王に逃走はないのだー!!」とむごい声でつぶやいてしまった。
しかし、74分ぐらいしょぼいカツアゲしながらログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの頭で冷静に考えたら、お米を思いっきり窮屈なゆとり教育しながら研いで何かもう、筆舌に尽くしがたい電化製品的なものに脳内妄想しながらセットした記憶があったのだ。
理論武装するかのように59分間いろいろ調べてみたら、なんか二度と戻ってこない温風器の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「ジョルノッ!命がけの行動ッ!ぼくは敬意を表するッ!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、便器をペロペロしたかと思うほどにご飯を炊く気力がディスクジョッキーするほどになくなった。
金沢カレーは一晩おいて明日食べるか。

あくま(悪魔)で、執事ですから・・・・。

カレー | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク