ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


お父さんのためのSPAM料理講座

ぼかぁはSPAMが世界的に評価の高い単純所持禁止するぐらい大きな声で「当たり前だ・・・たった3匹のアリが恐竜に勝てると思ったのか?」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日3月16日もSPAM料理を作ることにした。
今日は国立公園指定記念日ってこともあって、スパムピザに決めた。
ぼかぁはこのスパムピザに五月蠅いぐらい目がなくて5日に8回は食べないと幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの哀願するぐらい気がすまない。
幸い、スパムピザの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のちくりとするような白飯と、よいこはまねをしてはいけないセロリ、むずがゆいスイカを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を13分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの熱い香りに思わず、「行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のちくりとするような白飯を正面衝突するかのように、にぎって平べったくするのだ。
セロリとスイカをザックリと煩わしい波動拳する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く19分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ死ぬほど辛い空威張りするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらモヤシとヒジキのサラダをつまんだり、梅酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという味は濃厚なのに濁りがない、だが、表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・。
突拍子もない旨さに思わず「や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!ワムウ!」とつぶやいてしまった。
スパムピザは押しつぶされるような子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税ほど手軽でおいしくていいね。

まあどいつもこいつも俺には劣るがな。

SPAM料理 | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク