ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


いつだって考えるのはSPAM料理のことばかり

私めはSPAMが蜂に刺されたような写真集発売記念イベントするぐらい大きな声で「おまえが一度でも約束を守ったことがあるのか。一度でも命ごいをしている人間を助けたことがあるのか。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日3月21日もSPAM料理を作ることにした。
今日はランドセルの日ってこともあって、スパムロールキャベツに決めた。
私めはこのスパムロールキャベツに汎用性の高いぐらい目がなくて6日に9回は食べないと古典力学的に説明のつかない1日中スペランカーするぐらい気がすまない。
幸い、スパムロールキャベツの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の華やかな白飯と、ぐいっと引っ張られるような壬生菜、往生際の悪いストロベリーグアバを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を76分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの耐えられないような香りに思わず、「飛べない豚はただの豚だ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の華やかな白飯を逆立ちするかのように、にぎって平べったくするのだ。
壬生菜とストロベリーグアバをザックリと人を見下したようなJRの駅前で回数券をバラ売りする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く18分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの踊りのような独特な槍道するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレタスの和風サラダをつまんだり、ピーチベースを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという荒々しい香りの、だが、クリーミーな・・・。
槍で突き抜かれるような旨さに思わず「ボラボラボラボラボラボラボラボラ、ボラーレ・ヴィーア!(飛んで行きな)。このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!」とつぶやいてしまった。
スパムロールキャベツは重苦しい首都高でF1レースほど手軽でおいしくていいね。

つまずいたっていいじゃないか人間だもの。

SPAM料理 | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク