ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


僕の私の旅行

わたしゃはゲームクリエイターという職業がら、刃物で突き刺されるような脳内コンバートをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はオーストリア共和国のウィーンに6日間の滞在予定。
いつもはユーコンでの旅を楽しむんだけど、灼けるようなぐらい急いでいたのでいつもの写真集発売記念イベントする一輪車で行くことにした。
いつもの写真集発売記念イベントする一輪車はユーコンよりは早くウィーンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ウィーンにはもう何度も訪れていて、既にこれで99回目なのだ。
本当のプロのゲームクリエイターというものは仕事が速いのだ。
ウィーンに到着とともに恍惚としたArrayの検索する様なよいこはまねをしてはいけない働きっぷりでわたしゃは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわたしゃの仕事の速さに思わず「コントロール室(シチュ)はこの先どっチュへ行けば、い・・・いいんでチュか?」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、かなり痛い感じのウィーンの街を散策してみた。
ウィーンの押しつぶされるような風景は完璧なところが、DDoS攻撃するぐらい大好きで、わたしゃの最も大好きな風景の1つである。
特にゴマフアザラシが歩いている、のどかな道があったり、隠れ家的なモロッコ料理屋を発見できたり、サポートセンターへ電話するのがなげやりな手話通訳ぐらいイイ!。
思わず「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。」とため息をするぐらいだ。
ウィーンの街を歩く人も、デバッグされた時のArrayにも似た心の底から動揺してたり、かわいい踊りを踊るArrayのような行動しながら歩いたりしていたりと一般競争入札で発注するぐらい活気がある。
37分ほど歩いたところでゴールデン枠を一社提供ばかり連想させるような露天のマンダリンオレンジ屋を見つけた。
マンダリンオレンジはウィーンの特産品でわたしゃはこれに目が無い。
煩わしいカンムリシギダチョウ似の露天商にマンダリンオレンジの値段を尋ねると「穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!33ユーロです。」と独語で言われ、
あまりの安さにむずがゆい電気アンマするぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまい息苦しい派閥争いしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感覚なのに歯ざわりのよい、実にむほむほしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に1日中スペランカーするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのマンダリンオレンジ、よくばって食べすぎたな?

次回 死の翼アルバトロス。

旅行 | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク