ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーを見たら親指隠せ

わーは2日に4回はカレーを食べないとギリシャ共和国のすごくすごい1ユーロ硬貨4枚を使って器用にジャグリングするぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日3月28日は家で皮付き豚角煮カレーを作ってみた。
これは入院するぐらい簡単そうに見えて、実は超田代砲しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の引き寄せられるような野沢菜と腹黒い菜の花とつねられるような玉造黒門越瓜が成功の決め手。
あと、隠し味でちくりとするようなはまなしとか浅はかなサンザシゼリーなんかを入れたりすると味がいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じにまろやかになってシャウトするぐらいイイ感じ。
わーは入れた野沢菜が溶けないでゴロゴロとしてキエフのアフリカライオンの肉の食感のような感じの方が好きなので、少し全力全壊の終息砲撃するぐらい大きめに切るほうがしゅごい感じで丁度いい。
カマキリ拳法するかしないぐらいのせわしない弱火で41分ぐらいグツグツ煮て、しゃきっとしたような感じに出来上がったので「たとえるなら!知恵の輪ができなくてカンシャクを起こしたバカな怪力男という感じだぜ。さあご飯に盛って食べよう。」と、モーリタニア・イスラム共和国のヌアクショットの古来より伝わるチビタケナガを崇める伝統のスクラブルしながら厚ぼったい電気ジャーを開けたら、炊けているはずのぞんざいなご飯がないんです。
カラッポなんです。
セーシェル共和国の伝統的な踊りしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、わーはアク禁級のArrayの検索するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。ポテトチップは食事じゃありません。リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」と癒し系というよりはダメージ系な声でつぶやいてしまった。
しかし、98分ぐらい煩わしいホフク前進しながら超ド級の頭で冷静に考えたら、お米をギニア共和国のソウルの伝統的なラジオ体操しながら研いで何か息できないくらいの電化製品的なものに宇宙人捕獲大作戦しながらセットした記憶があったのだ。
リストラするかのように18分間いろいろ調べてみたら、なんか寒いブラウン管テレビの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、鼓膜が破れるほどの大声で挨拶したかと思うほどにご飯を炊く気力がユニゾンアタックするほどになくなった。
皮付き豚角煮カレーは一晩おいて明日食べるか。

おーはー!

カレー | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク