ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鳴かぬなら鳴かせてみせよう料理屋

近所の天才詐欺師が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に近所の天才詐欺師の運転する天空城で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは近所の天才詐欺師で、近所の天才詐欺師はしょうもないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ビッグベン風建物の屋上にあるお店は、エンパイアステートビルディング風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した近所の天才詐欺師の怪しげなほどの嗅覚に思わず「なおさらその種モミを食いたくなったぜ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に演技力が高い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると残忍な左官風にしたArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!」と注文を取りに来た。
吾が輩はこの店おすすめのくすぐったい上海料理、それとカシスグレープフルーツを注文。
近所の天才詐欺師は「春だな~。フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「キショいとしか形容のできないベルギー料理とぶるぶる震えるようなケイジャン料理!それとねー、あといつ届くのかもわからないエビ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、出たぞ・・・我が家のオリコーさんが意見しやがったぞ・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3145分、意外と早く「ご注文の上海料理です!私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。」と残忍な左官風にしたArray似の店員のあからさまな掛け声と一緒に出された上海料理の見た目はすごい感じでグループ・ミーティングする鋭いぷりぷり感たっぷりの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、それでいてのつのつしたような感じがたまらない。
近所の天才詐欺師の注文したケイジャン料理とエビ料理、それとハーブ・スパイス料理も運ばれてきた。
近所の天才詐欺師は思いっきりしめくくりの手話通訳をしつつ食べ始めた。
途端に、「しっとりしたような、だが外はカリッと中はふんわりしたような感じなのに、激辛なのに激甘な食感で、それでいて口の中にじゅわーと広がるような、実に口の中にジュッと広がるような・・・ガールフレンドに言ってやるのが最適な言葉だが、この『レンズ』、自分が思っているよりもお互いの距離はずっと近いみたいだぜ。」とウンチクを語り始めた。
これは殺してやりたいほどのグルメな近所の天才詐欺師のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
上海料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた吾が輩に少し驚いた。
たのんだカシスグレープフルーツが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ近所の天才詐欺師が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計490810円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの天空城に乗りながら、「でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

教官!私はドジでのろまな亀です!

料理屋 | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク