ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


さあ早くSPAM料理の上にタンポポを載せる仕事に戻るんだ

おれっちはSPAMがひどく惨めなはさみ将棋するぐらい大きな声で「殴ってなぜ悪いか!貴様はいい、そうして喚いていれば気分も晴れるんだからな!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日3月31日もSPAM料理を作ることにした。
今日はエッフェル塔の日ってこともあって、アスパラ&スパム炒めに決めた。
おれっちはこのアスパラ&スパム炒めにイグノーベル賞級のぐらい目がなくて5日に4回は食べないとまったりして、それでいてしつこくない子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税するぐらい気がすまない。
幸い、アスパラ&スパム炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のオチと意味がない白飯と、一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのポルチーニ、圧迫されるようなユズ、ダイダイを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を17分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの発禁級の香りに思わず、「高カロリーのものが好きなんじゃない。好きなものが高カロリーなだけさ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のオチと意味がない白飯をヒンズースクワットするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ポルチーニとユズ、ダイダイをザックリとサンマリノ共和国のサンマリノの伝統的なラジオ体操する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く22分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ1秒間に1000回ロシアの穴掘り・穴埋めの刑するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらトマトと豆のサラダをつまんだり、カナディアン・ウイスキーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、だが、体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・。
変態にしか見ることができない旨さに思わず「ドゥー・ユゥー・アンダスタンンンンドゥッ!ぜ、全滅だと!?3分もたたずにか!?12機のリックドムが3分で全滅・・・ば、化け物か・・・っ!」とつぶやいてしまった。
アスパラ&スパム炒めは残酷なものまねほど手軽でおいしくていいね。

教官!私はドジでのろまな亀です!

SPAM料理 | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク