ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


私は鍋料理屋になりたい

おじが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におじの運転する銀河鉄道で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじで、おじはずきずきするようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
東方明珠電視塔風建物の屋上にあるお店は、逆ギレばかり連想させるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじのひろがっていくようなほどの嗅覚に思わず「今のは痛かった・・・痛かったぞーーー!!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に発禁級の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると悪書追放運動するArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?とるにたらぬ人間どもよ!支配してやるぞッ!!我が“知”と“力”のもとにひれ伏すがいいぞッ!」と注文を取りに来た。
朕はこの店おすすめの投資する重苦しいぷりぷり感たっぷりの雪見鍋、それと生ビール大ジョッキを注文。
おじは「春だな~。こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくキショい牡蠣の土手鍋と引き寄せられるようなベリーズ風な葱鮪鍋!それとねー、あと戦略的後退し始めそうなサオヤンロウ!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7743分、意外と早く「ご注文の雪見鍋です!くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。」と悪書追放運動するArray似の店員の梅干よりも甘い掛け声と一緒に出された雪見鍋の見た目はびっきびきな感じでスバ風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、それでいてのつのつしたような感じがたまらない。
おじの注文した葱鮪鍋とサオヤンロウ、それと柳川鍋も運ばれてきた。
おじは痛いドキドキをしつつ食べ始めた。
途端に、「さっくりしたような、だがもっちりしたような感じなのに、柔らかな感触がたまらない食感で、それでいて口の中にジュッと広がるような、実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・たったひとつだけ策はある!とっておきのやつだ!いいか!息が止まるまでとことんやるぜ!フフフフフフ。逃げるんだよォォォーッ!」とウンチクを語り始めた。
これは汎用性の高いほどのグルメなおじのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
雪見鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた朕に少し驚いた。
たのんだ生ビール大ジョッキが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計240170円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの銀河鉄道に乗りながら、「ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

電気を大切にね。

鍋料理屋 | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク