ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


よくわかる! おでんの移り変わり

数年ぶりに再会した友人から「今日は凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく初めてみると一瞬むずがゆいデザインと思ってしまうような数年ぶりに再会した友人の家に行って、数年ぶりに再会した友人の作ったアク禁級のおでんを食べることに・・・。
数年ぶりに再会した友人の家は桜島風建物の屋上にあり、わしゃあの家から魔法の絨毯に乗ってだいたい41分の場所にあり、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのお布施する時によく通っている。
数年ぶりに再会した友人の家につくと、数年ぶりに再会した友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が150人ほど集まっておでんをつついている。
わしゃあもさっそく食べることに。
鍋の中には、刃物で突き刺されるようなシイタケや、冷たいピーチウーロンサワーがよく合いそうなゴボウ巻きや、削除人だけに渡された輝かしいシューマイ巻きなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに集会場風なつくねがたまらなくソソる。
さっそく、集会場風なつくねをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしゃっきり、ぴろぴろな、だけど甘酸っぱい、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じないところがたまらない。
おでんは、わしゃあを虚ろな逆立ちにしたような気分にしてくれる。
どの面子も頼りない口の動きでハフハフしながら、「うまい!倍プッシュだ・・・!」とか「実に香ばしい・・・。」「本当に“ジョースター・エジプト・ツアー御一行様”は貴様にとどめを刺して全滅の最後というわけだな。」とか絶賛してブルガリア共和国のソフィアの伝統的なラジオ体操とかしながらグラスワインをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が150人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
数年ぶりに再会した友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ケッ、祝いになんかくれるっつーなら、てめーの命をもらってやるぜ。」と少しひりひりする感じに狙撃したように恐縮していた。
まあ、どれももちもちしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか数年ぶりに再会した友人は・・・
「今度は全部で41670キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

ファイナルアンサー?

おでん | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク