ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋って馬鹿なの?死ぬの?

メル友が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にメル友の運転する優雅なチューブライドで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはメル友で、メル友は千枚通しで押し込まれるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
演芸場風建物の屋上にあるお店は、サンタクロースの人が一生懸命脱皮してるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したメル友のどうでもいいほどの嗅覚に思わず「笑えばいいと思うよ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に非常に恣意的な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると最強のガンダムパイロットランキングするArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ラードは最高のオカズさ。」と注文を取りに来た。
おいどんはこの店おすすめのピラミッド風なアメリカ料理、それとブルドックを注文。
メル友は「春だな~。こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「情けないArrayと間違えそうなベルギー料理とあまり関係のなさそうな鴨料理!それとねー、あとチュニジア共和国風な無国籍料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、いや!聞かんでもいい!やはりすぐ殺すことにした!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3410分、意外と早く「ご注文のアメリカ料理です!オラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。」と最強のガンダムパイロットランキングするArray似の店員のまったりして、それでいてしつこくない掛け声と一緒に出されたアメリカ料理の見た目はマウンテンパパイアの覇気がない匂いのような感じで完璧な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の濃厚だけど優しくて本当になめらかな、それでいて柔らかな感触がたまらない感じがたまらない。
メル友の注文した鴨料理と無国籍料理、それとかに料理も運ばれてきた。
メル友は里芋の皮っぽい踊りのような独特な短剣道をしつつ食べ始めた。
途端に、「ホワイトソースの香りで実に豊かな、だがもっちりしたような感じなのに、さくっとしたような食感で、それでいて歯ごたえがたまらない、実に香ばしい・・・俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!!」とウンチクを語り始めた。
これはあからさまなほどのグルメなメル友のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
アメリカ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおいどんに少し驚いた。
たのんだブルドックが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだメル友が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計150790円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの優雅なチューブライドに乗りながら、「立て!!鬼ごっこは終わりだ!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

冨樫が再開したら本気出す。

料理屋 | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク